アーティストを支援する人

field-e1505397173240

僕は、ローコストロンドン留学という
留学エージェントをやっていて、
ロンドンに留学したい人のお手伝いをしている。

2006年に始めたから気づけば12年目。
早いね。

今日、僕のMSPに共感してくれる人が来た。
アーティストさんだ。絵描きさん。

「ローコストロンドン留学」

というサイト名が表している通り、
うちのホームページは、長らく
「ただ安くロンドンに留学できる」
しか伝わらないサイトだった。

自分の色が全然出ていなくて、
ずっと嫌だった。

随分時間がかかっちゃったけど
先日やっと更新できた。

SEO的にはだいぶ下がってしまったけど、
サイトをガラッと変えたことで
自分の言いたいことは少し伝えられた。

今日その絵描きさんから
突然電話で問い合わせが来た。

「野菜とか作っていると書いてあったんで」

と、興味を持って電話してくれたそうだ。

「色々な留学エージェントのサイトを見たけど、
野菜を作っているなんて書いているのはここだけだ」

みたいなことを言っていた。

やっぱりアーティスト、クリエイター
の人は野菜づくりが好きだよね。

僕は札幌に移住してから野菜作りを始めた。

仲間と一緒に札幌の山を切り開いて畑にした。
現代の屯田兵とは僕のことだ。

今年で野菜作りを始めて3年目だけど、
野菜作りはとてもクリエイティブだと思う。

単純に何も考えずに
鍬を振り下ろすのも気持ちいいし、
土に触るのも気持ちいい。

そこらへんに生えている
フレッシュな山菜もめちゃうまい。

「こごみ」とか「よもぎ」とかね、
天ぷらで食べると極上。

ただ、畑で熊のフンを見つけた時
だけはモーレツに恐怖するけどね。

ヒグマコワイ。

札幌は長いこと雪に覆われるから、
雪解けの後の開放感が半端ない。

単純に暖かくなるから
気分が上がるというのもあるけど、
何と言っても山が良い。

生命の息吹を感じる。

白とグレーの街並みが一変し、
山々が徐々に緑になっていく
のを見るのが好きだ。

エネルギーに満ち溢れている。

毎年山が再生する感じ。
毎年死んで、生まれ変わる感じ。

話を戻すと。。。

先日作り直したサイトも
まだまだ自分を全開で
出せているとは言えないけど、
以前のサイトよりはだいぶ良くなった。

うちのサービスというより、
僕自身に興味を持ったり
共感してくれる人が
来てくれるのが一番良い。

以前、島田さんとも話して
意見が一致したことでもあるけど、僕は

”アーティストを支援している”

という意識がある。

”留学を手伝っている留学エージェント”

というより、

”ロンドンでやりたいことがある
アーティスト、クリエイターを支援している人”

という意識が強い。

というか、留学エージェントという
アイデンティティはあまりない。

他に良い言葉がまだ見つからないので
留学エージェントと言っているだけで。

自分のアーティスト気質や、
アーティストを支援している人
という部分がもっとサイト上で表現したい
とずっと思っていたけど、
少なくともこの絵描きさんには伝わったみたいだ。

まだ電話くれただけで、お申し込みを
してもらったわけじゃないけどね。

こういう人のお手伝いを
するのが僕は一番楽しい。

全力で応援したくなる。

聞かれてもいないことも
どんどん教えてしまうしね。

今年おすすめのイギリスフェス情報とか(笑)

英語を勉強しよう!という
内容のメールは一向に送られない。

でもきっと相手にとっても嬉しい(はず。)

アーティスト、クリエイターの人たちは、
音楽に限らず、アートやファッションなど
自分の感性を広げてくれるものが
好きな人たちが多いからね。

僕の価値を最も感じてくれる人たちだと思う。

お客さんにとってもハッピーだと思う。

だって、こんな留学エージェント、
どこにもいないから。

ロンドンでライブしたり、DJしたり、
美容師でもないくせに美容室で働いたり、
ヨーロッパ最大級のヘアーショウに
スタッフとして参加した経験があったり、
BANKSYのアートがロンドンの街角に
現れては消される姿をリアルタイムに見ている
留学エージェントなんて多分僕だけだろう。

反対に、

「TOEICのスコア上げたいんです」

みたいな人が来てもテンションだだ下がりだ。

「TOEICなんて捨ててください」

としか言えない。

僕からできるアドバイスは、

「スコアや資格みたいな誰かが定めたものに頼るのではなく、
あなた自身の価値と力を高めて、どこでも生きていける人になろうよ」

だから。

僕に相談したことを強烈に後悔し、
二度と帰ってこないだろう。

この人たちにとっても

”こんな留学エージェントはどこにもいない”

だろう。

ネガティブな意味で、ね。

お互いにとって良いことは一つもない。

この絵描きさんが僕に興味を持って
連絡してくれたことは、
小さなことだけど手応えを感じる。

”うちに来るべき人”
が僕を見つけやすくするためにも、
”将来のためにTOEICのスコアを上げたいんです”
みたいな人が間違って連絡してこないためにも、
もっともっと自分の考え、コンセプト、MSP、
理想の未来をしっかり提示していこうと思う。

雪解けした札幌にも
もうすぐ本格的に春が来る。

春はいいね。

今日の一曲はこちら
A New Field Touch

毎年春になると聴きたくなる曲のひとつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>